子供の躾で気を付けること
トップページ 子供を萎縮させない躾の方法 躾はアメとムチの使い方が大事 躾教室の利用も効果的! リンク集 サイトマップ
 
▼子供を萎縮させない躾の方法

躾をする際に大事なこと。それは、子供を萎縮させないことです。子育てをする親のなかには、自分の思い通りに育ってほしいと願うあまり、次々と子供へ注文を出す方もいます。しかし、その行為は子供にとって大きな負担となる場合も。 また、子供によっては親に自分の意見を発言したくても言えない気持ちになっている恐れもあります。子供の発想力や柔軟性を養うためにも、怒鳴りつけて躾をするのではなく、子供と一緒に考えるスタンスをとりましょう。

例えば、子供へ箸の持ち方を指導する際も「持ち方が違う!」と怒るのではなく、「一緒にやってみようか!」と親から歩み寄ることです。その結果、子供も親の躾を素直に受け入れやすくなり、躾の手間もかかりにくくなるはず。 子供が言うことを聞いてくれない場合も、大目に見ることが大事です。親が心に余裕を持てば、子供の心にも余裕ができるはず。幼い子供が言うことを聞かないのは当然です。

これを実践すると、周りの人に対して気配りができるようになったりと、自分以外のことへ関心を持て周囲からの印象も良くなるでしょう。 親のクセは子供に影響するので、どんな大人になってほしいかイメージしながら、躾を行ってみてください。自然と躾もしやすくなるはずです。


〜子育て関連のオススメサイト〜
子どもの躾は親御さんにとっても分からないことがたくさんあるでしょう。「一人で躾をする」と思い込まず、地域や周囲の人の支援サービスを受けながら子育てをしてみてはいかがでしょうか。こちらには、地域の子育て支援について掲載されています … 子育て 支援

トップページ | 子供を萎縮させない躾の方法 | 躾はアメとムチの使い方が大事 | 躾教室の利用も効果的! | リンク集 | サイトマップ   
Copyrightc2017 子供の躾で気を付けること All Rights Reserved.