子供の躾で気を付けること
トップページ 子供を萎縮させない躾の方法 躾はアメとムチの使い方が大事 躾教室の利用も効果的! リンク集 サイトマップ
 
▼躾はアメとムチの使い方が大事

躾をする際は「アメとムチ」の割合、使い方が重要です。例えば、アメばかり与え続けると、子供は「自分の言うとおりになるんだ!」と勘違いし、親の言うことを聞かなくなる場合があります。 逆に、ムチばかり与え続けると「自分は何にもできないんだ」と自分に自信を失くし、社会生活を生き抜けない大人に成長する恐れも。では、どうすれば良いか。それは、アメとムチを交互に使い分けることです。

例えば、子供におもちゃを片付けさせたいとしましょう。まずは「いつもお利口さんだね」と子供を褒めます(アメ)。親から褒められて子供は嬉しくなるので、親の言うことを受けいれようという体制ができるのです。 その後「散らかっているおもちゃを片付けようか?散らかしっぱなしはダメだよ」と指導します(ムチ)。片付け終わったら「片付けることができたね!本当に助かるよ!」とおもちゃを片付けたことを褒めましょう(アメ)。

その結果、親から怒られたという印象よりは、褒められた印象の方が強くなるため、親に対して悪い印象を持ちづらくなります。「アメ、ムチ、アメ」の順番は必須です。逆にムチから入ると、親に怒られたという印象が強く残ります。ムチのあとに親が褒めても、素直に受け入れてくれず、反抗的な態度をとられる可能性も上がるので要注意です。

トップページ | 子供を萎縮させない躾の方法 | 躾はアメとムチの使い方が大事 | 躾教室の利用も効果的! | リンク集 | サイトマップ   
Copyrightc2017 子供の躾で気を付けること All Rights Reserved.